育毛剤被害サーチのサイトロゴ

AGAを発症させる原因である5αリダクターゼについて説明します。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数139件!

5αリダクターゼとは

男性特有の抜け毛や薄毛のことを「AGA(男性型脱毛症)」と言いますが、このAGAを引き起こしている原因が「5αリダクターゼ」というものです。

育毛剤を日頃から使っている人や、サロンに通ったことがある人は聞いたことがある言葉だと思いますが、この5αリダクターゼは一体どういうもので、頭皮にどのような影響を与えるのか解説していきます。

5αリダクターゼって何?

5αリダクターゼとは、男性ホルモンのテストステロンを、より強力な「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変換する酵素です。

本来、男性ホルモンは骨や筋肉、精子の生成や性欲上昇に必要なホルモンとされていますが、頭皮にとっては悪影響を及ぼすものなんですね。

この5αリダクターゼには「Ⅰ型5αリダクターゼ」「Ⅱ型5αリダクターゼ」の2種類があり、現在の研究では、Ⅱ型5αリダクターゼの方が薄毛の進行に影響していると言われています。

5αリダクターゼが分泌されてジヒドロテストステロンに変換されると、毛母細胞の働きを低下させる働きがあることから、生え際の後退、頭頂部の薄毛などの症状を引き起こし、髪が成長するためのへサイクルが乱れる原因になり、AGAに繋がるとされています。

5αリダクターゼの分泌の仕組み

まず、5αリダクターゼが分泌される原因は「遺伝的要素」が関係しています。

よく「ハゲは遺伝する」という話を聞きますが、父親か母親のどちらかが5αリダクターゼを活性させる遺伝子をもっていれば、子供にも受け継がれます。

この遺伝を「優性遺伝子」と言いますが、両親のどちらか強い方の形質が子供に移る仕組みになっているため、AGAは親の影響を受けるものともされているんですね。

また、前述した2種類の5αリダクターゼは、分泌される場所も違い、その性質も違います。

Ⅰ型5αリダクターゼは、側頭部と後頭部の皮脂腺に多く存在しており、皮脂の分泌が多くなるため、肌が脂っぽい人はⅠ型5αリダクターの方が多い部類に入ります。

Ⅱ型5αリダクターゼは、前立腺や前頭部、頭頂部の毛乳頭に多く存在しており、髭や体毛が濃い人はこのⅡ型5αリダクターゼが多いということになります。

この2種類の5αリダクターゼの性質を見ても、薄毛や抜け毛に関係しているのは、毛乳頭に存在しているⅡ型5αリダクターゼの影響ということが分かりますね。

5αリダクターゼの頭皮への影響

では、5αリダクターゼが分泌されることによって頭皮にどのような影響を与えるのか解説していきます。

5αリダクターゼが分泌されると、ジヒドロテストステロンが生成されますが、このジヒドロテストステロンは、毛乳頭のレセプター(受容体)と結合して、毛母細胞の活動を低下させる働きをもっているんです。

毛母細胞の活動が低下すると、毛乳頭へ運ばれる栄養が脳の判断によって減らされてしまうため、血流の量も減少してしまいます。

栄養と血液が上手く運ばれないと、毛母細胞が活発に細胞分裂をすることができないので、髪の毛の成長が止まってしまい、毛が細くなったり、抜け毛に繋がったりするんですね。

また、Ⅰ型5αリダクターには皮脂を分泌させる性質をもっているため、頭皮の皮脂が増え、毛穴詰まりを起こしやすくなります。

毛穴が詰まると、頭皮に常在している菌が皮脂をエサにして増殖し、フケやかゆみ、頭皮の炎症を起こす可能性があるので、頭皮環境の悪化に繋がってしまうんですね。

5αリダクターゼが発生する原因は?

5αリダクターゼが発生してしまう原因は、上記にも書いたようにテストステロンの分泌が大きく関係しています。

テストステロンは、男性のたくましさを生成するために必要なホルモンですが、過剰に分泌してしまうことで、5αリダクターゼと結びつきやすくなり、ジヒドロテストステロンに変換されてしまいます。

テストステロンの分泌を抑えることができれば、5αリダクターゼの発生も減らすことができますが、テストステロンは、

  • 過度な筋トレ
  • 過度な自慰行為
  • 恋愛
  • イソフラボンを含む食べ物

によって分泌量が増えます。

筋トレは、筋肉が発達することで男性ホルモンの分泌を促すことになりますし、恋愛に関しては、男性が本来もっている「攻撃性」や「競争心」に関係しているため、テストステロンの増加に繋がるとされています。

また男性ホルモンは、主に睾丸で生成されているため、過度な自慰行為で刺激されることによって分泌を加速させることになります。

これらは、全くおこなってはダメということではありませんが、5αリダクターゼを発生させ、AGAの原因を作り出してしまうので、過度にやりすぎるのは控えた方が良いでしょう。

5αリダクターゼの抑制方法

5αリダクターゼが、AGAの直接的な原因だということが分かったと思いますが、簡単に言ってしまえば5αリダクターゼを抑えることができれば、AGAの進行を止めることができるんです。

5αリダクターゼを抑える方法は、色々とありますが、代表的なのは、専門のクリニックでAGA治療を受けるか、男性ホルモンの抑制に効果がある育毛剤を使用するという方法ですね。

最近では、育毛サロンやクリニックでもAGAは男性の大きな悩みのひとつとして専門的に治療をおこなっているところも増えてきました。

詳しくは「AGA治療とは」のページに書いていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

男性ホルモンを抑制する効果がある育毛剤に関しては、有名な商品でいうと「リアップ」がありますね。

リアップのメイン成分には、AGAに唯一効果があるとされている「ミノキシジル」が配合されていて、第一類医薬品にも指定されています。

リアップを使ってAGAの進行を止めることができれば、乱れたヘアサイクルが正常に戻り、毛母細胞の活動も活発化させることができますので、髪の毛を元気に成長させる期待がもてます。

また、その他にも男性ホルモンを抑制する成分には「フィナステリド」や「ヒオウギエキス」などがありますので、これらが配合された育毛剤を使うことで、5αリダクターゼの抑制のサポートをしてくれるでしょう。

トップへ戻る↑