育毛剤被害サーチのサイトロゴ

育毛剤の効果について詳しく説明します。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数99件!

育毛剤の効果

「薄毛が気になりだした」「抜け毛が増えた」「毛を増やしたい」そう思っている人は育毛剤を使ってみようと考えるはずです。

しかし育毛剤は、髪の毛が全く生えていないところから毛を生やす効果はないらしいですよ?今回は育毛剤の効果について具体的に説明していきます。

育毛剤を使う前に、ちゃんと育毛剤についての知識をつけてしっかりとした薄毛やハゲの対策をしましょう。

育毛剤の6つの働き

育毛剤は簡単言うと「毛根が働きやすい環境を作る」効果があります。育毛剤は毛根の血行不良や栄養不足、炎症など頭皮のトラブルや抜け毛の原因を改善させます。

育毛剤に配合されている成分によって細かい作用は違いますが、具体的には6つの効果があります。

  • 血行促進
  • 栄養補給
  • 保湿
  • 抗炎症作用
  • 皮脂の除去
  • 男性ホルモン抑制

です。

よく育毛剤で「毛が生える」と勘違いしている人もいるみたいですが、育毛剤というのは上記のメインの働きを強化することで、毛が生えやすい環境を作ってくれるものです。

では、そのメインの働きが髪の毛にどう影響しているのか見ていきましょう。

血行促進

血行促進は育毛剤の働きの中で最も重要な部分で、血流を改善し流れを良くすることで栄養が毛根までスムーズに運ばれてコシのあるい髪の毛を生やすことができます。

一時期「リアップ」という育毛剤が有名になりましたよね?そのリアップに配合している育毛成分「ミノキシジル」が優れた血行を促す効果を持っています。

ミノキシジルは厚生労働省に血行改善による育毛効果が認められた医薬成分であり、唯一リアップにしか配合されていません。他にも薬草のエキスなどにも血行促進効果を持っている場合もあります。

栄養補給

育毛剤によく配合されている栄養素は「亜鉛」「イノシトール」「ビタミン群」「アセチルメチオニン」などがあります。

これらを育毛剤によって与えてあげることで、髪の毛が生えるサイクルを整えて抜け毛を減らしたり、毛の発育に有意に働きかけます。

保湿

保湿するメリットは、頭皮が乾燥することによって発生するフケや皮脂の詰まりを防ぐことにあります。

頭皮は乾燥すると皮膚を作り出す器官が十分に働かずにボロボロになりやすい硬い皮膚しか作りだせなくなります。するとちょっとした刺激で大きく皮膚が剥がれ落ちてフケが発生してしまいます。

また、一定量の水分を頭皮が保持することで皮膚が柔らかくなり、髪の毛や皮脂が外に出てくるのをサポートする役割も持っています。

抗炎症作用

頭皮は常に雑菌が存在しており、頭皮から分泌される皮脂や汗をエサにして繁殖し炎症を起こします。炎症を起こすと薄毛が悪化する場合もあるので、炎症を発生させない頭皮環境にする必要があるのです。

育毛剤でよく目にする成分としては「β-グリチルレチン酸」があり、ほとんどの育毛剤に配合されていますので、頭皮の炎症が育毛の邪魔になることは一目同然ですね。

皮脂の除去

これも育毛をする際の重要部分ですね。皮脂が詰まることによって毛根の働きを阻害し元気な毛が生えてきません。

皮脂というのは、アンモニアや脂質が多く含まれており頭皮のべたつきの原因にも繋がります。育毛剤を使って皮脂を取り除くことで毛根が本来の働きを取り戻し発毛しやすい環境に整えてくれます。

男性ホルモン抑制

男性ホルモンが増えることでAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因に繋がります。

主にAGAに繋がる男性ホルモンは「テストステロン」と言われていますが、現在発売されている育毛剤はこのテストステロンの働きを抑制する効果が期待できるものが多いです。

AGA予防を視野にいれて使用する場合は「オウゴンエキス」「イソフラボン」「ノコギリヤシ」などの成分が配合されている商品を選ぶと良いでしょう。

このように育毛剤の効果を知ることで、薄毛、抜け毛予防に何が大切なのか見えてきますね。

「育毛剤は毛を生やすものではない」と言ってしまえばそれまでですが、頭皮環境を整えることで、毛が生えやすい状況を作ることはできますので、根気強く育毛剤を使い続けることが大切です。

育毛剤の効果が表れる期間

育毛剤というのは、使用してすぐに効果が表れるものではありません。

どんなに値段が高くて、良い成分が含まれていても、ある程度の期間使い続けないと育毛剤の効果は実感できません。

これにはきちんとした理由があって、髪の毛にはヘアサイクルという毛が生え変わる周期があり、そのヘアサイクルに沿って髪の毛は成長していきます。

>>ヘアサイクルの詳しい説明はコチラ

ヘアサイクルは、3つの段階に分かれていて「成長期」「退行期」「休止期」というのが存在しています。

それぞれの期間は、成長期が2~5年、退行期が2週間、休止期が2~4ヶ月と長い時間をかけてヘアサイクルが一周します。

髪の毛が伸びてくるのは、成長期の期間だけですから、育毛剤の効果があるかどうかは、成長期にどれだけ髪が成長するかによって判断することになります。

育毛剤を使用し始めるのが、自分のヘアサイクルのどの期間なのかによって変わってきますが、一般的に育毛剤の効果を実感するためには「3ヶ月~1年」の期間が必要とされています。

もちろん育毛剤の効果には個人差がありますから、半年で効果が表れたという人もいれば、1年経っても効果が出てこないという人もいるでしょう。

しかし、育毛剤を使用することによって、頭皮環境を整えて、髪が生えやすい状態を作ることには繋がりますので、長い目で育毛剤を塗布していくことが大切です。

トップへ戻る↑