育毛剤被害サーチのサイトロゴ

育毛剤の種類について詳しく説明します。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数99件!

育毛剤の種類

最近の育毛剤はさまざまな種類があり一概にどれが良いとは言えなくなってきました。

薄毛や抜け毛で悩んでいる人も、これから育毛剤で頭皮ケアを始めようと考えている人も育毛剤の正しい知識をもって使用することが大切です。

また、どんなに良い育毛剤を使っていても自分の頭皮環境に合っていない育毛剤を使っていては効果も半減してしまいます。

そこで、数ある育毛剤の中から代表的な種類をご紹介していきます。

タイプ別育毛剤の効果

現在市販されている育毛剤をタイプで分けると、

  • 男性ホルモン抑制タイプ
  • 血行促進タイプ
  • 毛母細胞活性(栄養補給)タイプ
  • 皮脂分泌抑制タイプ
  • 頭皮保湿タイプ

の5種類のタイプがあります。

それぞれが、どのような働きをするのか解説していきます。

男性ホルモン抑制タイプ

薄毛や抜け毛の一番の原因はこの男性ホルモンの分泌によるものといっても過言ではないでしょう。

男性ホルモンの「テストステロン」による影響でAGA(男性型脱毛症)を引き起こすと言われていますよね?

このタイプの育毛剤はその名の通り、男性ホルモンの分泌を抑制することで抜け毛を予防するという働きがあります。

テストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素に変換されることで発毛抑制物資を生成し発毛の邪魔をするのですが、男性ホルモン抑制タイプの育毛剤には主に「フィナステリド」という成分が配合されておりその成分の働きによってテストステロンの分泌を抑制することができるので、AGA予防に最適と言われています。

血行促進タイプ

こちらも育毛剤ではお馴染みの作用ですね。

しっかりとした太い毛を育てるには、髪の毛の毛母細胞の働きを活性化させ毛根や毛乳頭に酸素や養分を吸収させることが大事になってきます。

この酸素や養分というのは血流に乗って運ばれてきますので、血行を促進してあげることで、栄養をきちんと吸収し育毛のサポートをしてくれます。

主な成分としては「ミノキシジル」ですが、頭皮の毛細血管を拡張することによって血流の流れを良くし発毛を促すため、育毛剤を選ぶときには一番に注目してもらいたいタイプです。

毛母細胞活性(栄養補給)タイプ

毛母細胞を活性化させるタイプの育毛剤には「ビタミン」「亜鉛」「システイン」という成分が配合されています。

髪の毛は毛母細胞の分裂によって生成されますので、これらの栄養素を直接補給してあげることで分裂を活性化させ発毛を促してくれます。

皮脂分泌抑制タイプ

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると毛穴詰まりが起こり毛髪の成長を阻害してしてしまいます。

また、皮脂によって皮膚が炎症を起こしフケやかゆみといった症状も起こってしまいますよね?

皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は頭皮環境を清潔にし、育毛をサポートする役割をもっています。

皮脂や汚れを除去して頭皮環境を整えることは、育毛剤を使用するうえで基本中の基本ですので、初心者の方などにおすすめのタイプです。

頭皮保湿タイプ

頭皮を保湿するというのをあまり聞いたことがないという人も多いかと思いますが、頭皮が乾燥してしまうと、フケが出やすくなり毛穴を塞いでしまう原因に繋がります。

また、乾燥し過ぎることによって頭皮に存在している常在菌の異常繁殖の影響もでてくるため、炎症に繋がることもあります。

これは、女性のスキンケア同様にある程度の水分を頭皮に与えてあげることによって、頭皮の正常化をはかり育毛を促すタイプの育毛剤です。

このように、育毛剤にはそれぞれの頭皮環境に応じたタイプがありますので、自分の頭皮環境をきちんと知ったうえで育毛剤を購入することが大切です。

当サイトでも上記のタイプはもちろんさまざまな育毛剤を紹介していますので、ぜひ育毛剤選びの参考にしてみて下さい。

トップへ戻る↑