育毛剤被害サーチのサイトロゴ

AGA治療について詳しく説明していきます

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数99件!

AGA治療とは

ハゲや薄毛で悩んでいる人は「AGA」という言葉を聞いたことがあると思います。

AGAとは正式には「男性型脱毛症」と言い毛髪サイクルが乱れる病気のひとつです。

毛髪サイクルは通常「成長期」「退行期」「休止期」という3つのサイクルで循環しているのですが、男性ホルモンの影響や遺伝、食生活の乱れ、ストレスなどが原因でこのサイクルが乱れAGAを引き起こすと言われています。

20代や30代の若い男性の薄毛の原因はこのAGAがほとんどと言われていて、育毛剤や育毛シャンプーを使っても早急には改善できず、AGA治療をおこなうという人も多いようです。

そこでAGA治療の方法や効果、危険性などを解説したいと思います。

AGA治療の方法

AGA治療の方法は大きく分けると2種類に分かれます。

1つ目は、発毛や育毛を促す治療薬を使用するという方法です。

これは男性ホルモンに作用させるために服用する内用薬と、外用薬を頭皮に直接塗布する方法があります。

内用薬として使われる代表的なものは「プロペシア」というもので、プロペシアに含まれている「フィナステリド」という成分がAGAを引き起こしている「DHT」という物質の働きを抑制してくれます。

DHTとは正式には「ジヒドロテストステロン」と言い男性ホルモンの一種です。

このDHTは男性、女性問わず誰でももっているホルモンですが、毛髪の元になっている細胞「毛母細胞」の働きを低下させる作用があるため、薄毛と関係の深いホルモンと言われています。

この毛母細胞の仕組みを考えたときに、DHTの働きを抑制させることができればAGAの進行を遅らせることができるため、効果的な薬としてプロペシアが使用されます。

次に外用薬として使用される代表的なものは「ミノキシジル」です。

このミノキシジルは日本の有名育毛剤「リアップシリーズ」に配合されている成分ですが、このミノキシジルは「医療品」としても認定されている成分で、頭皮に直接塗布することで血行が促進され毛母細胞を刺激し発毛を促すという効果が期待されています。

初めてAGA治療をおこなう人は最初はこちらの方法で治療されますので、覚えておくと良いでしょう。

2つ目の治療は「施術」という方法です。

主に髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入し発毛、育毛を促進させるという治療法です。

成長因子とは、細胞を刺激して細胞分裂を促してくれるタンパク質のことで、発毛というのは毛母細胞が頻繁に分裂することで髪の毛となって成長します。

なので成長因子を直接注入してあげることで毛母細胞の働きが活発化し発毛が期待できるという治療法です。

AGA治療はどこでできるのか?

AGAの治療方法が分かったところで、どこで治療をおこなってくれるのか気になるところですよね?

AGA治療というのは日本では最近になってやっと主流になってきた治療方法ですので、少しずつ治療がおこなえる場所も増えてきています。

  • AGA治療専門クリニック
  • 育毛サロン
  • 皮膚科

でAGA治療をおこなうことができます。

AGA治療専門クリニックはちゃんとした医療機関になりますので最新の発毛医療を受けることができ、専門医からのアドバイスも聞けるでしょう。

育毛サロンは医療機関とは違うので医療行為等は一切できませんが、独自のクレンジング方法や育毛剤の処方などをおこなってくれますので、頭皮環境の改善をすることでAGA対策ができます。

皮膚科に関しては、AGA治療をおこなっていると知らない人も多いですが基本的にはAGAの進行を止めるような治療法になります。

ただ頭皮専門の医師ではないため、頭皮ケアや有効成分の注入といった治療はできず、プロペシアなどの薬の処方ができるぐらいなので、真剣にAGA治療をおこないたいと考えている人はクリニックで受診されたほうが良いでしょう。

AGA治療の効果

では、実際にAGA治療での発毛、育毛効果はどうなのか?というところですが、あるサイトのQ&Aページにこのようなことが書いてありました。

プロペシアは、5年間の調査によると1日1mg服用した男性の90%に効果が認められています

頭頂部と生え際どちらにも効果がありますが、特に頭頂部の薄毛の進行を食い止める効果が高いようです。

ミノキシジルは、48週間5%使用したことで51%に発毛の改善がみられました

ただし、頭頂部の発毛がほとんどで、生え際にはほぼ効果はありません。

引用:AGA治療の効果や注意点まで全て教えます。AGA Q&A!

結論からいうと個人差があるということですね。

治療薬として用いられているプロペシアやミノキシジルは発毛、育毛促進の期待ができる成分ですが、「自身の症状の見極め」「適切な治療」をきちんとおこなわないとAGA治療をしても目に見える効果はあらわれないということです。

また、AGA治療を受けた人の口コミなどを見ていると早い人で3ヶ月で毛が生え始めたという人もいるようです。

逆に1年治療を受けても効果が出てこないという人もいるようなので、AGA治療に即効性はなく根気強く通わなければならないことが分かりますね。

AGA治療の費用

まずはじめに言っておきますが、AGA治療は保険適用外なので、治療費や薬代は全て自己負担になります。

AGAの進行具合にもよりますが1回の受診、治療で、

進行具合 治療内容 金額
AGA初期 ・AGA治療薬の処方 1万円程度
AGA中期 ・AGA治療用内服薬、外用薬での治療
・AGA治療薬の処方
2万円~7万円程度
AGA末期 ・AGA治療用内服薬、外用薬での治療
・成長因子注入資料
・専門医によるカウンセリング
・AGA治療薬の処方
10万円程度

がおおよその基準になります。

もちろんクリニックやサロンによっても金額は変わってきますので、AGA治療を考えている人は事前に問い合わせをするなどして確認しておいた方が良いでしょう。

AGA治療の危険性

AGA治療での危険性は、薬においての副作用が懸念されています。

前述しましたがAGA治療にはプロペシアとミノキシジルが一般的に使用されますが、人によっては「じんましん」「肝機能低下」の症状が起こる可能性があります。

これはプロペシアとミノキシジルを体内に摂取することによって、血流が一気に流れ出し皮膚や肝臓が過剰に反応することで起こるとされています。

皮膚や肝機能が弱い人はAGAの治療前に医師に確認した方が良いでしょう。

また、プロペシアに限っては「性欲減退」「勃起機能の低下」の副作用がよく挙げられています。

この副作用に関してはまだ原因が解明されておらず、発症の確立も全体のもわずか1.8%と少ない程度です。

自分の体調不良が原因で症状が起こったということも考えられますが、プロペシアを摂り入れることで副作用が起こる可能性は十分に考えられますので、自分の体調を見ながらAGA治療を受けた方が良さそうです。

トップへ戻る↑