育毛剤被害サーチのサイトロゴ

キャピキシルの効果と副作用について解説しております

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数140件!

キャピキシルの効果と副作用

キャピキシルはフィンジアやモンゴ流deeper3dなどで配合されている最新の育毛成分ですね。今後はこれらの成分が配合された育毛剤が増加するでしょう。

特にこれらが配合された育毛剤は「副作用の心配がない」「リアップの3倍効果がある」とアピールしています。ですが、いったい何が3倍なのかちょっと不透明だし、使用後に何か副作用が現れたら詐欺だと思いますよね。

キャピキシルは本当に評判通りの効果や副作用なのでしょうか?

キャピキシルって何?

キャピキシルとはカナダの会社が開発した成分であり、AGAの原因であるジヒドロテストステロン、それを生成する「5αリダクターゼ」を発生させないようにする成分ですね。ここまではリアップと同じなのですか、キャピキシルには頭皮環境を整えるという追加の効果もあります。

キャピキシルはレッドクローバーとアセチルテトラペプチド3を掛け合わせた合成物になります。

レッドクローバーと聞いたら海外にしか生えていないクローバーかと思われますが、「アカツメクサ」という名称で日本にも自生しています。

カナダではこの成分はAGAに効果があると信じられており、様々な育毛剤に配合されています。日本でも自生いるはずなのに育毛剤の成分として使用されていなくて不思議ですよね。その理由は簡単。日本ではそんな効果を確認していないからです。

アセチルテトラペプチド3については傷を再生する為に必要な成分ですね。これを頭皮に塗れば頭皮のダメージが回復できるようですね。

より詳しく知りたい方は「キャピキシルとは」をご覧ください。

キャピキシルの効果

キャピキシルの効果に関しての検証資料が存在するものの、英語の為中々読めません。そこで、発毛ライフ.comさんが用意していただいた論文の翻訳記事を参考に、より分かりやすく説明しましょう。

キャピキシルの主な効果は「AGAの抑制」と「頭皮環境の改善」「発毛促進」ですね。ただし、これらの効果の実験内容の一部にキャピキシルではなくその原料のみで評価がされたものも存在します。

特に「キャピキシルはミノキシジルの3倍効果がある」という根拠になった実験がそうですね。この実験は試験管の中で毛包の成長速度をアセチルテトラペプチド3、ミノキシジルをそれぞれ比較した結果、ミノキシジルよりも髪が伸びるスピードが3倍速かっただけ。別に新しく髪か復活したというわけではないですよ。

人体実験をされたのは「AGAに対して効果的なのか」と「頭皮の炎症改善」の2種類ですね。

どちらも一定の成果を上げているものの、ミノキシジルなどの類似成分と比較が行われていないので何とも言えません。

できれば人体実験でミノキシジルとの比較をしてほしかったです。

キャピキシルの副作用

キャピキシルの副作用、というほどではないですが、人によっては臭いがキツイという報告もある模様ですね。この臭いの原因はレッドクローバーが原因だと考えられます。

また、致命的な欠点として、一度使用したらずっと使い続けないとまたAGAが復活するという点ですね。

ミノキシジルやフィナステリドといったAGA治療成分は数年間使用し続ければそれ以降使用せずとも脱毛が起きにくいという特徴も持っています。ですがキャピキシルにはそれがない。

当然、長く使い続けたら体の中で耐性ができて効き目が薄くなる。そうなるとキャピキシルを使用していてもAGAがジワジワと進行し続ける。

ミノキシジルの育毛剤と比べて価格が高いというのもデメリットですね。日本で販売されているフィナステリド育毛剤はいくつかありますが、そのほとんどが1万円をオーバー。これでは長く続けにくいです。もう少し安くなれば評価も変わるのでしょうが・・・。

育毛剤はどんな成分が配合しているにせよ、「どれだけ長く続けられるのか」が一つの購入ポイントになります。「1万2万なんて髪の為なら余裕で払える」なんて言う人はキャピキシル配合育毛剤を使用してもいいでしょう。

ですが、より確実に髪を生やしたい・けど費用は押さえたい、なんていう人はリアップやAGA以外に効果か確認できているセンブリが配合された育毛剤をお勧めします。

トップへ戻る↑