育毛剤被害サーチのサイトロゴ

グリチルリチン酸ジカリウムの効果と副作用について解説しています。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数99件!

グリチルリチン酸ジカリウムの効果と副作用

グリチルリチン酸ジカリウムは「グリチルリチン酸2K」や「カンゾウエキス」とも呼ばれ、抗炎症作用・抗アレルギー作用があることから多くの育毛剤に配合されています。

そんなグリチルリチン酸ジカリウムの効果や副作用について解説していきます。

グリチルリチン酸ジカリウムについて

グリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科の植物「甘草(カンゾウ)」の根・茎から抽出した成分のことで、古くから貴重な生薬として重宝されており、風邪薬でお馴染みの「葛根湯」にも配合されている漢方です。

抗炎症作用があることから「医薬部外品」としても認められていて、ニキビ予防の化粧品や頭皮の炎症を抑制する目的で多くの育毛剤、育毛シャンプーに配合されています。

このグリチルリチン酸ジカリウムは外用薬のステロイドと似たような性質をもっており、皮膚の炎症を沈める「ステロイドホルモン」と近い働きをするとも言われています。

通常ステロイドを使い続けると効果の強さから逆に皮膚が炎症を起こしたりしますが、グリチルリチン酸ジカリウムは水にも溶けやすくあくまでも似ているだけですから、ステロイドほどの危険性もありません

ただ効き目は穏やかで即効性のある成分ではないため、長期的な使用が前提になっているようですね。

グリチルリチン酸ジカリウムの育毛効果

育毛剤に含まれるグリチルリチン酸ジカリウムの育毛効果は、その優れた抗菌作用から「頭皮の殺菌」「炎症の抑制」「フケ、かゆみの軽減」が期待できます。

頭皮の殺菌

人間の頭皮は「脂性肌」と「乾燥肌」の2種類のタイプがありますが、どちらも薄毛や抜け毛になりやすい要因をもっています。

脂性肌の場合、頭皮は他の皮膚に比べて皮脂の分泌が活発であり過剰に皮脂が分泌されるため、頭皮にもともと存在している常在菌が繁殖しやすくなります。

逆に、乾燥肌の場合は皮脂が不足するため頭皮のバリア機能が低下することで細菌が繁殖しやすくなってしまうんですね。

そこでグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている育毛剤を使用すると、殺菌作用の力で繁殖した常在菌を抑制する働きをし、皮膚の保護に役立つため、頭皮環境が正常化され毛が生えやすい状態を作ってくれます。

炎症の抑制

頭皮の炎症は、皮脂の過剰分泌やシャンプー、整髪料が原因となって起こることがほとんどですが、炎症を起こすと毛根がダメージを受け、発毛サイクルが乱れるため抜け毛に繋がります。

グリチルリチン酸ジカリウムはステロイドのひとつである副腎皮質ホルモンと同じような抗炎症、抗アレルギー作用があるため、頭皮に直接塗布することで炎症を抑制し、頭皮環境を整えることができます。

グリチルリチン酸ジカリウムの働きで頭皮の炎症が治まればダメージを受けていた毛根も活発になるので、発毛のサポートをしてくれるんですね。

フケ、かゆみの軽減

頭皮のフケ、かゆみの原因も常在菌の繁殖が原因です。

常在菌が繁殖することでかゆみが起こりますが、掻きむしることで皮膚が傷つき炎症につながりますし、古い角質が剥がれ落ちることでフケが増加します。

これもグリチルリチン酸ジカリウムの高い殺菌作用と抗炎症作用の働きで防ぐことができますが、グリチルリチン酸ジカリウムには体内に侵入したウイルスや細菌を捕食して撃退してくれる役目ももっているため、皮膚のバリア機能を高め強い頭皮を作ることができます。

カリウムの力で毛母細胞を活性化

グリチルリチン酸ジカリウムはその名の通り、カリウムも含まれています。

カリウムは、黒砂糖やみそなどから摂取することができ、細胞の分裂や成長、浸透圧の維持、エネルギー代謝をアップさせる働きがあります。

髪の毛は毛母細胞が分裂することで生成されますから、当然体内からカリウムが不足すると毛母細胞の働きが鈍くなってしまいますよね。

そこで、グリチルリチン酸ジカリウムが配合された育毛剤を塗布することで、頭皮にカリウムを補うことができ、毛母細胞を活性化させることができます。

育毛に関しては、食べ物からカリウムを摂取するよりも直接頭皮に塗ることで高い効果が得られますから、グリチルリチン酸ジカリウムは、髪の毛の生成を助ける働きも持っている成分です。

このようにグリチルリチン酸ジカリウムは頭皮環境を正常化するの特化している成分で、頭皮の状態を清潔に保つことで発毛のサポートをするという目的で育毛剤に配合されています。

グリチルリチン酸ジカリウムだけでは毛は生えない

上記の説明でグリチルリチン酸ジカリウムの役目は分かったと思いますが、グリチルリチン酸ジカリウム自体には毛を生やす効果はありません

あくまでも頭皮の状態を正常に保つというだけで、発毛に直結している毛乳頭や毛母細胞に作用する働きはないんです。

発毛の仕組みは、毛乳頭から送り込まれた栄養が血流に乗って毛母細胞まで届けられ、毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返すことで髪の毛として成長しますが、グリチルリチン酸ジカリウムは毛が生えてくるときの土台となる頭皮を健康にして発毛のサポートをするだけなんです。

しかし、毛乳頭や毛母細胞に直接作用していなくても頭皮という土台がしっかりしていないと毛は生えてきませんので、育毛剤の成分としては必要なひとつであることは確かです。

グリチルリチン酸ジカリウムの副作用

グリチルリチン酸ジカリウムは生薬でありながらステロイドと似た働きをもつというのは説明しましたが、グリチルリチン酸ジカリウムを過剰に塗布、摂取すると「高血圧」「高ナトリウム血症」「むくみ」などの副作用が起こることがあります。

これは、ステロイドと似た働きをすることで体内の副腎という器官から出るアルデステロンという物質が過剰に分泌していると勘違いしてしまい、症状が起こると言われています。

この症状のことを「偽性アルドステロン症」と言い、アルデステロンは体内の塩分と水分量を溜めて、余分なカリウムの排出を促すことで血圧を調節する働きがあるのですが、アルデステロンの過剰分泌により血圧が上昇してしまい、副作用が起こると言われています。

厚生労働省でもこのグリチルリチン酸ジカリウムは1日の摂取量が40mgまでと定められているのですが、育毛剤に含まれているグリチルリチン酸ジカリウムはせいぜい40mg中の0.1%ぐらいなので、過剰に育毛剤を使いすぎなければ、心配しすぎることはないでしょう。

トップへ戻る↑