育毛剤被害サーチのサイトロゴ

ジオウエキスの効果と副作用について詳しく説明していきます。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数140件!

ジオウエキスの効果と副作用

ジオウエキスは地黄(ジオウ)という植物の根から抽出されるエキスです。

当サイトで紹介している育毛剤では「monovoヘアトニックグロウジェル」や「リゾゲイン」などに配合されています。

地黄は主に中国の漢方薬の素材として有名ですが、それがなぜ日本の育毛剤に使われているのでしょうか。

ちょっと不思議に思われるかもしれませんが、実はこれが育毛にとって欠かせない役目を担っています。

ジオウ(地黄)とは

ジオウはゴマノハグサ科ジオウ属の植物で、主にその根が薬用として使われています。

補血や保湿、血行促進などが主な役割で、その効果は「造血の神様」とも呼ばれているほどです。

中国では古くから最高クラスの強壮剤、強壮薬として伝えられており、貧血や虚弱の解消に使われてきました。

江戸時代の日本でも「地黄を煎じたものを水あめに混ぜることで性欲や勃起力を高める」という民間療法が流行ったこともあります。

そして現代でも、ED男性向けの漢方薬にジオウが使われることもあるようです。

ジオウエキスの育毛効果

ジオウエキスは毛根に作用するというよりも、頭皮環境を整えることで育毛に働きかけます。

漢方薬として血行を促進するように、育毛剤として使った時に頭皮を活性化するよう働きかけるのがジオウエキスのメリットです。

血液を通じて頭皮に栄養がしっかり運ばれるようになれば毛髪は効率よく成長できます。

また、保湿効果によって頭皮の乾燥を防いでくれるので、かゆみ、フケの防止としても有効です。

頭皮の乾燥を放置しているとハゲ化が進行してしまうため、むしろ保湿してあげることは薄毛・抜け毛対策として欠かせません。

体が冷えやすく、乾燥しやすい冬場にはジオウエキスは特にありがたい育毛成分と言えるでしょう。

直接の発毛・育毛効果はない

重ねて言いますが、ジオウエキスそのものに発毛・育毛効果はありません。

しかし、保湿や血行促進で髪が育ちやすい頭皮を作ることはできます。

いわば髪がきちんと育つための土壌づくりのための成分と思ってください。

やせた土地で野菜が育たないように、頭皮が乾燥して血行が悪い状態だといくら有効成分を注いでも髪は生えてきません。

ジオウエキスは育毛剤に含まれている他の成分がきちんと頭皮に浸透するための橋渡しが一番の役目と言っていいでしょう。

「最近フケが沢山出てくるようになった」という方は発毛・育毛に赤信号が付いている状態なので、一刻も早く保湿するのをお勧めします。

ジオウエキスの副作用

ジオウを漢方薬や生薬として使った場合、胃もたれを起こしやすいと言われています。

そのため、胃が弱っている方、食欲不振の方にジオウの使用は勧められていません。

血行を促進する(体を温める)効果が強いことから、すでに体力が充実していたり、熱っぽい時に使うと効果が強すぎて気分が悪くなる恐れがあります。

育毛剤の場合も、熱いお風呂やサウナから上がってすぐの体温が高い時に、ジオウエキス入りのものを使うのは刺激が強いかもしれません。

トップへ戻る↑