育毛剤被害サーチのサイトロゴ

フィナステリドの効果や副作用について解説しています。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数99件!

フィナステリドの効果と副作用

フィナステリドと言えばミノキシジルと同様に国から発毛効果があると証明された数少ない発毛成分ですね。2016年5月現在、このフィナステリドが配合された育毛剤は存在せず、病院で処方される医療品しかありません。

そんな医療成分「フィナステリド」についての基本的な情報や、気になる効果や副作用などをご紹介していきます。

フィナステリドについて

フィナステリドとは、アメリカのメルク社が開発した前立腺肥大症・前立腺がんに対する医療成分のことです。アメリカでは1992年には前立腺肥大効果として、1997年には育毛改善薬として承認されていますね。

フィナステリドは5α還元酵素阻害薬という分類の成分にカテゴライズされます。5α還元酵素とはなんぞや?と思う方が大半だと思いますが、簡単に説明しますとAGA(男性型発毛症)が発生する原因の成分のことです。これを阻害することでAGAの症状が改善し、たくましい髪が復活するというわけです。

発売当時は「世界初!国が認めた飲む育毛剤」としてアメリカのみの処方なのに世界中で売れ、一種の社会現象にまでなったみたいですよ。

似たような成分として「ミノキシジル」がありますね。あちらは服用薬としては副作用が強すぎるということで育毛剤として頭皮に付けるタイプに落ち着きました。フィナステリドは大きな副作用が確認されず、より効果の実感できる服用薬として世界中の病院で処方されるようになりました。

ちなみに日本だと育毛効果のみ承認されており、前立腺肥大の治療薬としては使用されていません。

日本で認可されているフィナステリドはMSD株式会社(旧:万有製薬)の「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1mg」のみです。

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果は主に「前立腺肥大症の改善」「育毛効果」の2種類です。

発毛効果に関しては服用してすぐ、というわけでなくおおよそ6ヵ月~1年程度の長期利用が必須となっています。短期間で発毛を目指すならミノキシジルとセットで使うことでより発毛効果を実感できます。

注意してもらいたいのが、フィナステリドは全ての人に効果があるというわけではなく、「AGA(男性型発毛症)」の人にのみ発毛が可能なんです。ですので、生活習慣やストレスの結果ハケてきたという人には全く効果がありません

更に、全てのAGAの人に効果があるわけではありません。上記で説明しましたが、フィナステリドは5α還元酵素と呼ばれるAGAの元を発生させないことで髪を復活させます。ですが5α還元酵素はⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型にしか効果を発揮しません。

もし利用者がⅠ型のα還元酵素が多い人だった場合、あまり効果を実感することはないですね。

もっとも、臨床実験では3年間の利用で98%の人が抜け毛が減少(現状維持)、78%の人が実際に髪のボリュームが増えたという実績があります。

ただし、この実験は20代~50代までの臨床実験での結果なので60代以上の人は効果が下がると思ってください。

フィナステリドの副作用

フィナステリドはあまり副作用がないといわれている成分ですが、それでも全くの0というわけではありません。

発生頻度は高くないですが、20人に1人の割合で性欲が沸かなくなり(性欲減退)、100人に1人がED、射精障害、精液量の減少が起きます。

それより可能性が低いものの、以下のような症状も確認されてるようですね。

睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)、乳房圧痛、乳房肥大、抑鬱症状、眩暈、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇

また、フィナステリドは絶対妊婦に触らせてはいけません

というのも、AGAを引き起こしているジヒドロテストステロンはお腹の中にいる赤ちゃんの男性器を作っているからなんです。

もし、妊婦がフィナステリドに触れてしまった場合、たった一滴・数ミリグラムでも体の中に入り込んでしまい赤ちゃんの生殖器(ペニス)に大きな障害を与える可能性があります。

ではどの程度の危険性があるのでしょうか?

アメリカでは胎児危険度分類と呼ばれる医薬品による胎児傷害のリスクの見積もりを行っているのですが、フィナステリドはカテゴリーX(いかなる場合でも妊婦は服用してはならない)に分類されています。

正直、手に触れるだけでも危険ですね。日本の病院で処方されたものは触れた程度では問題にはなりませんが、これを半分に割った場合は安全性の保障がありません。もちろん、個人輸入で購入したものは例外なく危険です。

管理人的には万全を期すために奥さんが妊娠しているならフィナステリドは使わないほうがいいと考えます。

トップへ戻る↑