育毛剤被害サーチのサイトロゴ

酢酸トコフェロールの効果と副作用について説明していきます。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数140件!

酢酸トコフェロールの効果と副作用

酢酸トコフェロールという成分をご存知でしょうか?

育毛剤はもちろんのこと、化粧品やベビーオイルなどに配合されている成分ですが、酢酸トコフェロールとはどんな働きがあるのか?育毛効果や副作用はあるのか?を解説していきます。

酢酸トコフェロールについて

酢酸トコフェロールとは、α-トコフェロールという脂溶性のビタミンEを、酢酸エステル化(縮合反応で得られる化合物)して得られる合成ビタミンEのことです。

簡単に説明すると、人工的に作られたビタミンEということですね。

抗酸化作用抗炎症作用があり、ホルモンバランスを整える効果があります。

特に、紫外線から肌を守ってくれる作用が強く、紫外線の影響をもろに受けてしまう頭皮の保護をしてくれるので、頭皮の正常化を図るために多くの育毛剤に配合されています。

ちなみに育毛剤の成分を調べているとよく「誘導体」という言葉を目にすると思いますが、誘導体というのは、

誘導体は、有機化学の用語のひとつで、ある有機化合物を母体として考えたとき、官能基の導入、酸化、還元、原子の置き換えなど、母体の構造や性質を大幅に変えない程度の改変がなされた化合物のこと。

引用:Wikipedia

というものです。

簡単に説明すると、成分の一部分のみを変化させて、誘導体にすることで、本来の機能を失うことなく、吸収率や働きをアップさせ、副作用も軽減できるという優れた化合物のことです。

また、酢酸トコフェロールは、粘り気のある液体で、水にはほとんど溶けず、アルコールや油分に良く溶ける性質をもっています。そのため、頭皮の脂質で吸収されやすく、育毛剤に配合することで成分の浸透力をアップさせる働きもあります。

なので、酢酸トコフェロールを摂り入れることで、ただビタミンEを摂るよりもその働きが高くなり、効果を実感できる確立が上がるというわけなんですね。

酢酸トコフェロールの育毛効果

酢酸トコフェロールがビタミンEの一種ということは分かったと思いますが、酢酸トコフェロールが配合された育毛剤を使用することで、どのような育毛効果があるのかを説明していきます。

前述したように、酢酸トコフェロールには抗酸化作用や抗炎症作用がありますが、頭皮の酸化を防ぎ、フケ、かゆみ、湿疹などを予防することができます。

あくまでも頭皮の状態を清潔に保つために配合される成分ですので、酢酸トコフェロール自体には発毛効果はありません

しかし、発毛・育毛を促進させるためには、髪が生えやすい状態を作ってあげることが大切ですから、育毛剤の有効成分を浸透しやすくするサポートの役割として必要な成分のひとつです。

また、酢酸トコフェロールのもうひとつの重要な働きは、末梢血管を拡張してくれるという作用です。

末梢血管が拡張されれば、毛母細胞への血液の循環量を増加させ、細胞分裂の活性化に繋げることができますので、髪の毛を生やす手助けをしてくれます。

酢酸トコフェロールの臨床試験

酢酸トコフェロールは、ビタミンEということで植物油や緑黄色野菜、ナッツ類などの食品にも含まれています。

主に食品添加物として含まれていることが多いですが、その安全性は臨床試験でも証明されており、発がん性、催奇形性などの毒性は極めて低いと報告されています。

育毛の働きに関しては、酢酸トコフェロール単体の臨床試験はおこなわれてはいませんが、育毛剤LHOP製剤の男性型脱毛症に対する臨床試験がおこなわれており、有用度の高い製剤として認められています。

LHOP製剤とは、ペンタデカン酸グリセリド2.5%酢酸トコフェロール0.2%を含む育毛剤のことで、頭皮に塗布して、洗髪時の抜け毛量の変化、軟毛の発生、軟毛から硬毛への変化を見る試験をおこなったところ、被験者に高い改善率を示したと報告されています。

しかしこれは、あくまでもLHOP製剤の臨床試験であり、酢酸トコフェロールの有用性を図る試験ではないため、育毛に関する酢酸トコフェロールの働きはきちんとしたデータはありません。

ただ、上記から分かる通り、他の有効成分と合わさることで、育毛に対する高い効果は得られると考えられますので、育毛剤には必要な成分ということになります。

酢酸トコフェロールの副作用

酢酸トコフェロールを、育毛剤として外用的に使用する分には、副作用はそれほど心配しなくて大丈夫でしょう。

しかし、末梢血管拡張作用や、ホルモンバランスの正常化の働きがあるため、過剰に塗布したりサプリ等で摂取しすぎると、胃の不快感や吐き気、頭痛、めまいなどが起こる可能性があります。

これは酢酸トコフェロールだけに限らず、配合されている成分を規定通りに使用しないと、人によってはアレルギー反応が起きますので、使用方法は必ず守って育毛剤を塗布してくださいね。

トップへ戻る↑