頭皮の病気についての知識

AGA(男性型脱毛症)とは

最近、育毛剤や病院のCMやチラシで「AGA」という言葉を聞いたことがないでしょうか?AGAとはハゲのハゲのうちのひとつなのですが、多くの人は「ハゲ=AGA」と勘違いしている傾向が出てきています。 その結果、「ハゲてきたらAGAに効果がある育毛剤や病院にいけばいい」という勘違いが発生しており、その結果、「この育毛剤は効かない」「あの病院は詐欺だ」といった …続きはコチラ→

円形脱毛症とは

円形脱毛症と聞くとなじみがない言葉のように思えますが、「5円ハゲ・10円ハゲ」と聞くとあー、とわかってくれるかもしれません。 円形脱毛症とは部分的に髪がスッポリ抜けてしまった状態の病気であり、AGA(男性型脱毛症)が認知される前は最もメジャーだったハゲのタイプですね。 円形脱毛症は免疫に関する病気 円形脱毛症が有名な理由としてはマンガキャラにあるで …続きはコチラ→

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは、皮脂腺が多く皮脂の分泌が盛んな頭皮にできる湿疹です。 もちろん頭皮だけでなく顔やワキにもできやすい皮膚炎ですが、頭皮にできた場合フケやかゆみといった症状があらわれてくるため、薄毛を気にしている人からすれば敏感に反応してしまう病気です。 放っておくと皮脂が酸化して、臭いを放ったり抜け毛の量を増やしてしまったりということに繋がります …続きはコチラ→

しらくもとは

しらくもという病気をご存知でしょうか? 「頭部白癬(とうぶはくせん)」とも呼ばれている頭皮の病気ですが、しらくもにかかるとフケやかゆみが起こり髪の毛が抜けやすくなると言われています。 そこでしらくもの原因や症状、治療法などを解説していきます。 しらくもってどんな症状? しらくもとは「白癬菌(はくせんきん)」という真菌の繁殖によって引き …続きはコチラ→

フケ症とは

フケ症とはその名の通り、頭皮からフケが大量に出てくることを言います。 フケというのは誰でも発生するもので、自ら排出している老廃物のひとつです。体の新陳代謝によって頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものですが、健康な頭皮の場合は目に見えないほど小さいので、それほど気になるものではありません。 しかし、フケ症になってしまうと、髪を触っただけでも肩にフケが付 …続きはコチラ→

毛嚢炎(もうのうえん)とは

毛嚢炎という病気をご存知でしょうか? 皮膚に赤いブツブツができて、中央に白い膿が溜まる症状です。 別名で「毛包炎」とも言い、ニキビと似ているため、そのまま放置してしまう人が多いですが、時間が経つとどんどん大きくなり、原因菌の増殖に繋がってしまいます。 また頭皮にできた場合は、抜け毛が増える原因にもなってしまうので、適切な処置をすることが重要 …続きはコチラ→