育毛剤被害サーチのサイトロゴ

頭皮のトラブルの一つであるフケについて詳しく説明します。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数99件!

フケ症とは

フケ症とはその名の通り、頭皮からフケが大量に出てくることを言います。

フケというのは誰でも発生するもので、自ら排出している老廃物のひとつです。体の新陳代謝によって頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものですが、健康な頭皮の場合は目に見えないほど小さいので、それほど気になるものではありません。

しかし、フケ症になってしまうと、髪を触っただけでも肩にフケが付着して目立ってしまったり、頭皮にかゆみが起こったりと日常生活に支障をきたすほどひどくなってきます。

医師の間では「頭部粃糠疹(とうぶひこうしん)」とも呼ばれており、重度になると枕が白くなったり、部屋中にフケ落ちてしまうなど大量に発生するため、衛生上の問題により一種の病気とされています。

そこで、誰にでも起こりうるフケ症の原因や、改善方法を紹介していきます。

フケ症の原因

フケ症の多くは、自分の皮膚に合わないシャンプーやコンディショナーを使うことで、頭皮に悪影響を与えていることが原因です。

洗髪の際に、シャンプーをきちんと洗い流せておらず、頭皮に残っていることで保湿剤や防腐剤などが老廃物となり、フケが発生すると考えられます。

頭皮に存在している常在菌が、その老廃物をエサとして繁殖するため、フケが大量発生してしまうんですね。

また、体質的に皮脂の分泌が多い人もフケ症になりやすいと言われています。

この場合、マラセチア菌というカビの一種が、皮脂の影響で増殖することで、頭皮に炎症をもたらしフケが発生してしまいます。

皮脂の過剰分泌で炎症を起こすことを「脂漏性皮膚炎」とも言いますが、脂漏性皮膚炎になった場合でも、フケは発生するため、フケ症の原因のひとつとされています。

フケ症は2種類ある

上記を見て分かるように、フケ症は2種類のタイプがあります。

「乾燥フケ」「脂性フケ」と言われていますが、それぞれの種類によって原因が違うため、しっかりと見極めることが大切です。

乾燥フケ

乾燥フケは、パサパサとした粉をふいたようなフケが出るのが特徴で、頭皮が乾燥しきっていることで角質細胞がすぐに剥がれ落ちてしまいます。

健康な頭皮は、適度な皮脂によって水分の蒸発を防ぎ、紫外線や外部の刺激から頭皮を守ってくれるのですが、乾燥していることで頭皮が敏感なり、ちょっとしたキッカケで頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

また、フケ原因菌を増殖させることにも繋がりますので、フケ症の一番の原因となっています。

脂性フケ

脂性フケは、乾燥フケとは真逆で、ベトベトとした湿り気のあるフケが特徴です。

頭皮を掻いたときに爪の中に汚れが溜まったりすることがあると思いますが、いわゆるそれが脂性フケですね。

脂性フケはその名の通り、皮脂の過剰分泌が原因ですが、最初に書いたマラセチア菌の影響の他にも、「ホルモンバランスの乱れ」「ストレス」などでも脂性フケになってしまいます。

特に皮膚から出る皮脂は、男性ホルモンのテストステロンアンドロゲンというホルモンが影響していて、皮脂の分泌を活性させる働きをもっているため、フケ症に繋がりやすいとされています。

このことから2種類のフケ症に共通しているのは、頭皮のトラブルということが分かります。

軽度のフケ症の場合は、生活習慣の見直しや正しい頭皮ケアで、フケ症を改善に導くことができます。

重度のフケ症の場合は、早急に皮膚科を受診するのが良いでしょう。

フケ症の改善方法

フケ症は、原因によって改善方法が違いますが、共通している対策法もあります。

それは、

  • スカルプシャンプーを使う
  • 食生活の改善
  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスを溜めない

です。

スカルプシャンプーと聞くと髪を生やすものと思っている人が多いと思いますが、スカルプシャンプーは、頭皮ケアを第一に考えて作られたシャンプーですので、もちろんフケ症にも効果があります。

普通のシャンプーとは違い、石油系の界面活性剤が使われておらず、アミノ酸が含まれていますので頭皮への刺激が少なくてすみます。

また、ノンシリコン(無添加)のものが多いので、乾燥フケと脂性フケの両方のフケ症に対応でき、頭皮トラブルが起こりにくいメリットがあります。

「食生活の改善」「十分な睡眠をとる」「ストレスを溜めない」は大きくまとめると生活習慣の改善ということになります。

生活習慣が乱れていると、体の免疫力の低下し、外部からのちょっとした刺激でも頭皮トラブルに繋がりますので、フケ症が起こりやすいです。

菌の侵入や繁殖を許すことにもなりますので、正しい生活習慣を心がけておけば、フケ症になりにくい体を作ることができますよ。

フケ症は育毛剤も効果的

一般的に育毛剤は、抜け毛や薄毛を防ぐためのものという印象がありますが、軽度のフケ症には効果的です。

ほとんどの育毛剤の効能、効果に「フケ、かゆみの軽減」と記載されており、実際にフケ症の対策として育毛剤を使用している人もいるぐらいですから、頭皮環境の改善には最適です。

成分としては、「センブリエキス」や「ニコチン酸アミド」「グリチルリチン酸ジカリウム」は、抗炎症作用血行促進作用があり、頭皮を清潔に保つことができますので、フケ原因菌の繁殖を防ぐことができます。

また、育毛剤で爽快感を得ることができますので、かゆみを抑えることができ、頭皮を掻くことでポロポロと落ちるフケを減らすこともできます。

ただ、重度のフケ症の人や炎症を起こしている人は、変に育毛剤を使うと症状を悪化させる可能性がありますので、あくまでもフケ症予防としての使い方が良いでしょう。

トップへ戻る↑