育毛剤被害サーチのサイトロゴ

抜け毛や薄毛の原因になる脂漏性皮膚炎について詳しく説明します。

育毛剤被害検索

商品件数77件!

情報件数99件!

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは、皮脂腺が多く皮脂の分泌が盛んな頭皮にできる湿疹です。

もちろん頭皮だけでなく顔やワキにもできやすい皮膚炎ですが、頭皮にできた場合フケやかゆみといった症状があらわれてくるため、薄毛を気にしている人からすれば敏感に反応してしまう病気です。

放っておくと皮脂が酸化して、臭いを放ったり抜け毛の量を増やしてしまったりということに繋がりますので、脂漏性皮膚炎を防げるように原因や治療法などを知っておきましょう。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因はいくつかあるのですが、代表的なのは「マラセチア真菌」というカビ菌の増殖と言われています。

マラセチア真菌というのは人間の皮膚に常に存在している常在菌なのですが、皮脂を好み皮脂をエサにして繁殖していくため、生活習慣の乱れやストレスの影響で頭皮の皮脂が過剰分泌すると、マラセチア真菌が肌に炎症を起こすと考えられています。

また、マラセチア真菌以外にも男性ホルモンも脂漏性皮膚炎に影響します。

男性ホルモンというのは皮脂腺を刺激して皮脂を合成したり皮脂腺自体を増やしたりという働きをもっているため、男性ホルモンの分泌量が増えることで脂漏性皮膚炎に繋がります。

脂漏性皮膚炎と髪の毛の関係

脂漏性皮膚炎は頭皮にできる炎症ですが、これがきっかけで「脂漏性脱毛症」につながる危険性もあります。

脂漏性脱毛症も皮脂の異常分泌やホルモンバランスの乱れで起こりますが、毛穴周辺や毛根が炎症してくるため髪が抜けるといった脱毛症です。

「脂漏性」という言葉から皮脂が毛穴を塞いでしまうことで髪が抜けると思われがちですが、皮脂で髪が抜け落ちるわけではなく、塞がれた毛穴周辺でマラセチア真菌が繁殖し毛根まで炎症が及んでしまうことが原因です。

育毛剤や育毛シャンプーを使用している人は発毛や育毛を促進させるためには「皮脂を取り除くが大事!」というのは重々分かっていることと思いますが、一般的に抜け毛の多くの原因は皮脂の分泌が影響しているため、育毛サロンでは特に頭皮に炎症がなくても「脂漏性脱毛症」と診断することが多いようですよ。

脂漏性皮膚炎の主な症状

脂漏性皮膚炎にかかると頭皮が炎症を起こしフケやかゆみに繋がると書きましたが、その他にも、

  • 赤い湿疹ができる
  • 皮膚が油っぽくなる
  • アトピー性皮膚炎に繋がる

などの症状があらわれます。

特に赤い湿疹に関しては脂漏性皮膚炎にかかった人の約90%が経験しており、軽いかゆみや痛みを感じるため日常生活に支障をきたすケースもあります。

頭皮や顔にできた場合、湿疹+脂性といった不衛生な見た目にも繋がるため、男性も気にする人が多いようです。

また、季節の変わり目などで空気が乾燥していたり、汗の影響で皮脂が出やすかったりすることで症状が強くあらわれるため、肌トラブルで皮膚科を受診する人のほとんどはこの脂漏性皮膚炎と診断されるようです。

脂漏性皮膚炎の治療法

軽度の脂漏性皮膚炎の場合、頭皮にニキビができたと勘違いする人が多いため、抜け毛やフケの量が増えるほどの重症化しないと病院を受診しないという人が多いようです。

軽度のうちから病院を受診しておけば、脂漏性皮膚炎から薄毛に繋がるリスクも少ないのでちょっとでも頭皮に炎症を感じたら病院に行くことをおすすめします。

脂漏性皮膚炎の治療は主に、炎症を抑えるための「ステロイド外用薬」とマラセチア真菌の増殖を抑えるための「抗真菌薬」が基本です。

頭皮の炎症箇所に薬を塗る程度の治療ですので大きな手術をするといった心配はありませんが、脂漏性皮膚炎に一度かかってしまうとマラセチア真菌の増殖が慢性化して再発を繰り返すことが多いと言われていますので、薬の塗布と医師の診断の両方を根気強く続けていくことが重要です。

トップへ戻る↑